志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない(吉田松陰)

吉田松陰

立志尚特異 立志は特異を尚(たっと)ぶ,
俗流與議難 俗流は與(とも)に議し難し。
不顧身后業 身后(しんご)の業を顧(おも)わず,
且偸目前安 且つ目前の安きを偸(ぬす)む。
百年一瞬耳 百年は一瞬のみ,
君子勿素餐 君子素餐(そさん)するなかれ。
(『吉田松陰全集』山口県教育会)より)

安政5年(1858年)の春,松下村塾に山田市之允(当時15歳)が入塾。
それから2ヶ月ほどした6月,松陰が扇に書いて,山田に与えた詩です。
そして,翌年の10月,吉田松陰は獄死しました。

今は,NHKの番組「その時歴史が動いた」による,意訳された読みも広まっています。

立志尚特異 (志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない)
俗流與議難 (世俗の意見に惑わされてもいけない)
不思身後業 (死んだ後の業苦を思い煩うな)
且偸目前安 (目先の安楽は一時しのぎと知れ)
百年一瞬耳 (百年の時は一瞬にすぎない)
君子勿素餐 (君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように)  
(ウィキペディア等より)

(NHK「その時歴史が動いた」)

【吉田松陰】100年の時は一瞬に過ぎない - ニコニコ動画

【吉田松陰】100年の時は一瞬に過ぎない [社会・政治・時事] 吉田松陰の言葉より。100年の時は一瞬に過ぎない。◆吉田松陰語録 「夢なき者に、理想なし 理想なき...

立志尚特異
立志は特異を尚(たっと)ぶ
志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない

以上

志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない(吉田松陰)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 就爱要 より:

    Where there is a will, there is a way.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。