国会議員の文書通信交通滞在費

国会議員の文書通信交通滞在費の使途公開なんですが、日本維新の会が求める水準は「自分の政治団体に寄付する事」だけです。

同党の国会議員の大半はそれを以て使途公開としています。

こんなの、昔からずっとそれで充分ではないかと思います。

この文書通信交通滞在費は政治活動に使うべきものである、との単純な理由です。

なので、「使途公開」と大上段から振り翳すのではなく、各党で「文書通信交通滞在費については、各国会議員が自身の資金管理団体に入れる」事を申し合わせればそれで十分だと思います。

本当は文書通信交通滞在費を直接資金管理団体に振り込む形を取りたい所ですが、そうすると国が特定の政治家の政治資金を直接サポートする事になるので難しいでしょう。

これが一番早いやり方です。

日割りや使途公開には、自民党が極めて後ろ向きなのは既に明らかです。

その是非はともかくとして、野党が法案を出しても成立する見通しがありません。

つまり、そんな法案を振り翳して騒いでも、与党は何も動きません。

むしろ、動かない事を前提に騒いでいるいつもの野党側のお芝居だと思われかねません。

かような現実的な解を提示し、とっとと次に進むべきだと思います。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。